下腹部の脂肪過多改善

ぽっこりおなかの原因は脂肪太りもありますが、便秘もあります。腸内の環境が悪くなると、排泄が滞ってしまい便秘となります。腸内環境は新陳代謝にも影響します。新陳代謝が悪いと、体内に取り入れたエネルギーの燃焼力も弱くなっていますので、脂肪が蓄積してしまうことになります。もちろん、食べ過ぎによって過剰なエネルギーを取り入れてしまうことも、脂肪が蓄積する原因です。
ぽっこりお腹の解消に腹筋運動を取り入れる人がいますが、スポーツ選手が行うような腹筋運動はあまり下腹部の引き締めには効果がありません。インナーマッスルを鍛えるタイプの腹筋運動をすると効果的です。
また、脂肪の燃焼を促すためには、ウォーキング、サイクリング、水泳などの有酸素運動が適しています。ハードな運動は必要ありません。毎日少しずつつ続けることができる運動が良いでしょう。
食生活の改善も効果的です。食物繊維や乳酸菌には腸の中をきれいにする働きがあります。水分の補給も大切です。体内をきれいにすることができ新陳代謝力を上げることができます。
下腹部の脂肪過多は生活習慣病のリスクが高くなるため、適正な量にする必要があります。最近話題のダイエット方法は、糖質制限ダイエットです。炭水化物や糖質を制限することが健康にもダイエットにも効果的と言われています。しかし、自己流の方法を行うことはかえって体調に良くありませんので、正しいダイエット方法を行なってメタボ体系から脱却しなければなりません。