太ももと骨盤矯正の関係

ダイエットの目的が体重の管理か、体型の管理かによって結果に対する満足度が異なります。たいていの場合、美しく痩せたいというのが目標でしょう。
しかし、ダイエットでは脂肪の落ちにくい部位と落ちやすい部位があります。そのため体重は目標値になっても不格好な体型になってしまうことが少なくありません。
例えば、太ももは脂肪が落ちにくい部位です。人によって脂肪のつき方が異なります。横に張り出している人、前に張り出している人、全体にぼてっとしている人などがいます。また、セルライトが蓄積しやすい部位なので、カロリー制限だけでは補足することは難しいです。
太ももが太くなる原因には、食事の過剰摂取、リンパ節の詰まり、骨盤の歪みなどが考えられます。そのため、食事制限だけでは理想的な脚のデザインをすることが難しいのです。
太ももを補足するには骨盤の歪みの矯正が効果的です。骨盤が正しい位置に整うと、リンパ節の滞りも解消しやすくなります。老廃物が正しく排泄されると新陳代謝がアップしますので太ももをすっきりとさせることができます。また、骨盤の矯正によって筋肉も正しい位置に整えられますので、理想的な脚のデザインが可能になります。
特に出産後太りの解消には骨盤矯正が効果的だと言われています。これは、出産によって骨盤がずれてしまうことが多いからなのです。
もちろん、過食しない、バランスの良い食事、規則正しい生活、適度の運動を加えるなどのダイエットの基本はきちんと守ることも必要です。