お尻を小さく(セルライトを除去)する方法

理想のお尻の形と言ったら、スキニージーンズをスマートに着こなせ、キュッと引き締まった小尻ですよね。

 

小尻になって、ピタッとしたパンツやタイトなスカートでもかっこよく着こなしたいものです。
冬になってコート等を羽織るようになれば隠せるのですが、気温が上がってくるにつれてなかなかそうはいかないですよね。

 

隠すことができないと、お尻が大きいのがどうしても目についてしまいます。
お尻が大きくなってしまう要因は、肥満によって脂肪が増えてしまうことと、骨盤が開いてしまうことにあります。
また出産をしたことで骨盤が開いてしまい、お尻が大きくなってしまったという事実は多くあり、
その人のこれまでの生活習慣により骨盤が歪んでしまったり、骨盤が開いている女性も多くいるようです。
中でも、一見太っていないのに、お尻にだけ脂肪がつきやすいという方はこういったことが要因のようです。

 

お尻についてしまった余分な脂肪を落とすためには、有酸素運動をして脂肪燃焼することが重要です。

 

○脂肪燃焼するためには、運動を20分以上継続することが必須となるので、およそ40分位の運動が最適な運動時間です。
○有酸素運動はジョギングや水泳等の初めての方でも行いやすいので、一週間に2、3回行うといいでしょう。
小尻に導くためにはお尻を鍛えることに要点を置きます。
筋トレを行うと、お尻をキュッと引き締めて小尻に近づけます。
○小尻に向けての一押しの運動は、スクワットです。
スクワットであれば自宅でもすぐにできますし、お尻のみならず太ももも一緒に鍛えることが出来るので最も適しているのです。
○スクワットの方法ですが、スクワットは腕を頭の後ろへ回して、背筋を伸ばしたまま太ももが床と並行になるまで腰を落としていきます。
それを約20〜30回、3セット行うと良いでしょう。

 

セルライト

 

痩せたくても、どの箇所でもセルライトは痩せることを妨害します。
体の外に排出させるはずの老廃物が大きくなって血流を妨げますし、セルライトはそのままにしておいても減ることはありません。
一生懸命、有酸素運動や脂肪の燃焼をしてみてもなかなか結果が出にくいです。
結局セルライトは、痩身エステなどのハンドテクニックや機械を用いて除去してもらうほうが、能率的に痩せます。
セルライト除去は、1度のお試し施術のみでも大いに効果が出ます。
まずはお試しを受けてみて、それから自己トレーニングを続けることで小尻に導いていきます。