【痛い!】なぜ!?セルライトの除去に激痛が伴う3つの理由がわかった!

お尻や内太腿など、贅肉のつきやすい部分にできてしまいがちなセルライト。肌の表面がボコボコとした状態になるセルライトは、一度ついたら落ちにくいことから、女性の多くを悩ませる存在です。

 

 

 

セルライトは非常に見た目が悪いため、ほとんどの人がどうにかして除去したいと考えるかと思いますが、なかなかそれも難しいです。理由はセルライトの除去は、かなり痛いから!今回はなぜセルライトの除去は痛いのか、その原因と痛みをなくすための方法はあるのかということを、徹底解説していきます。

なぜセルライトが痛いのか、原因その@血管やリンパ管の詰まり

セルライトと血管やリンパ管の深い関係

セルライトがリンパ管血管の詰まりを引き起こし、それが原因で痛みを引き起こしている…と聞いても、いまいちピンときませんよね。一見全く別の問題に思えますが、実はセルライトと血管やリンパ管には深い関係があるんです。

 

 

 

実はセルライトができてしまうと、それが原因で血管やリンパ管が圧迫されてしまいます。その圧迫によって、痛みが誘発されてしまうんです。

リンパ管が詰まるとセルライトがさらに溜まっていく!

リンパ管には、体の老廃物を回収する機能や、逆に必要な栄養を届けるといった重要な役割があります。つまりセルライトによりリンパ管が圧迫し、その流れが滞ると、老廃物がきちんと排出されない身体になっていき、その結果さらにセルライトが溜まっていくという現象が起こります

 

 

 

セルライトができてリンパ管が圧迫され、そのせいでさらにセルライトが肥大化していき、さらにリンパ管が圧迫され…という、魔のループに陥ってしまうんですね。当然痛みも、どんどん強くなっていきます。

なぜセルライトが痛いのか、原因そのAセルライト同士が圧迫しあっている

 

セルライトは一度できてしまうと、自力で除去しようとしてもエステに行って除去しようとしても、どちらにせよ痛みを伴うというイメージがあるかと思います。実際その通りで、セルライトの除去しようとするとかなりの痛みがつきものになります。その理由の一つに、セルライト同士の圧迫が挙げられます。

セルライト同士が圧迫しあって痛みを生む

セルライトは冷えなどによる新陳代謝の低下により、脂肪細胞にどんどん脂肪やら水分、老廃物がつまることで引き起こされます。?そうして大きくなったセルライトは皮膚の上に現れ、私たちが目視できるようになります。この状態が良く見る、お尻や内太腿などの皮膚がデコボコと波打っている状態です。?

 

 

 

セルライトが少ない時はまだそれほど痛みはないですが、増えていくと次第にセルライトがリンパ管や血管を圧迫し始めます。セルライト同士が圧迫しあい、さらにリンパ管や血管をも圧迫することで痛みが引き起こされているんです。

セルライトは見えている分だけじゃない!隠れセルライトの存在

私はセルライト同士が圧迫しあうほどたくさんセルライトがあるわけじゃない、太いセルライトがあるわけじゃないのに痛い…と思う人もいるかもしれません。しかし実はセルライトは、目視できる状態のもの以外にも潜んでいるんです。

 

 

 

そもそもセルライトは、皮膚の下の方で生まれて徐々に大きくなりながら、肌の表面へと姿を現します。つまり私たちがセルライトだと気づける段階の頃には、すでに長い月日を経て育ちきっているわけです。なので自分はそんなにひどいセルライトじゃないのに痛いのはなぜ…という人は、肌の奥の方に隠れセルライトがあるということも十分考えられます。

 

 

なぜセルライトが痛いのか、原因そのB自己流で施術をしている

 

出来てしまったセルライト、一刻も早くどうにかしたいと考える女性は多いですが、エステなどに行くのは面倒だったり、またセルライト除去の施術は割と高額になる傾向もあり、なかなか手が出なかったりもします。そのため自己流でセルライトをどうにかしようと頑張っている人も多いのではないでしょうか。実はそんな自己流の施術が、セルライトの痛みの原因かもしれません。

セルライトを潰す施術はプロが行っても痛い!

そもそもセルライトの痛みのメカニズムは、上記でも紹介したような体内で起こっている現象が原因なので、どんなに優れたエステティシャンが施術をしても、ハンドケアだけでは最初の頃は少なからず痛みが伴います。

 

 

 

そのためエステではあらかじめ特殊な機械でセルライトを柔らかくして流して行ったりと、できるだけ痛みを軽減する手法がとられています。自己流でのセルライト除去はこういった下準備ができないので、痛いのは当然といえば当然です。

素人の自己流施術はセルライトを悪化させる危険性も

最近では自宅でのセルフエステを行う女性も増えてきていますが、自己流での施術でも結局痛い思いをしたり、さらに誤った施術でセルライトを悪化させてしまう人も少なくはありません。

 

 

 

例えばよく間違えられがちなのが、セルライトを潰せばよいというセルフケア。セルライトは体内で起こっている現象なので、潰しても意味はないどころか、ダメージを受けたセルライトがさらに固くなり頑丈になってしまう危険性すらあります。痛い思いをしながら行った自己流の施術で、むしろセルライトが悪化してしまったなんてことになったらがっかりですよね。

セルライト除去の痛みをなくす方法はある?

 

セルライトはなくしたいけど痛いのは嫌だ…誰だってそうかと思います。セルライトを除去しながら痛みもなくす方法はあるのでしょうか。

できるだけ早いうちに対処をする

セルライトは時間が経てば経つほど、さらにセルライトを生み強固になっていきます。なので発生したセルライトは、できるだけ早いうちに対処をすれば痛みも少ないです

 

 

 

また毎日マッサージをしたりリンパを流したりといったセルフケアをこまめに行い、セルライトが皮膚の表面に出てくる前に流してしまうようにしましょう。マッサージを行う際はセルライト対策用のクリームなどもあるので、そういったものを使うのもおすすめです

生活習慣を見直す

セルライトは血流やリンパの流れの滞り、それによる冷えや老廃物の蓄積などから引き起こされるといわれています。セルライトがあるとそれをどうにかしようと、エステやダイエットなどに走る人も多いですが、まずは生活習慣を見直していくことが大切です

 

 

 

ダイエットをしようとしてしまうと、食生活のバランスが悪くなり逆にセルライトを悪化させてしまう人も多いです。まずはバランスの良い食事や適度な運動、十分な睡眠など生活習慣を改善していきましょう。結果的にダイエットにも繋がっていくはずです。

エステで施術を受ける

できるだけ痛い思いをせずにセルライトを除去していくには、やはりエステでの施術は欠かせません。エステでも多少の痛みが伴うこともありますが、最近は機器などもどんどん進化しています。機器でセルライトを分解してから流していくといった施術も多いため、以前ほど強い痛みを感じることは少なくなっているようです。

 

 

 

ただエステはあくまで医療ではないため、管理や施術がずさんなエステも存在します。事前にしっかり口コミなどでチェックをしていくか、心配であれば多少値段が高くても大手のエステを選んで通うようにしましょう。

まとめ

 

セルライトの除去に痛みが伴う3つの理由と、痛い思いをせずにセルライトを除去できるのかということを、まとめて解説してきました。セルライトはそもそもできるだけ作らない、できてしまったらすぐに除去することが、痛い思いをしないための秘訣だったんですね。

 

 

 

セルライトがあると、どうしても見た目はよくないですし、時間が経つと痛みは強くなり除去もしにくくなります。できるだけ痛みが少ない早期の段階で、なくしていきたいですね。

セルライト除去エステランキングへ